大阪府大東市の接骨院はたにい接骨院・アロマYOSAはピュア ナチュラル

ビワキュー、レインボー療法、アキュスコープ

ご予約・お問い合わせ
072-877-8418

facebook エキテン

びわ温熱療法

HOME > 接骨院メニュー > びわ温熱療法

たにい接骨院のびわ温熱療法

全身で気持ちいいを体感

全身で“気持ちいい”を体感

たにい接骨院では、ビワキューでガン、リウマチ患者様のケアをさして頂いています。ガンやリウマチなど病気たちは、「冷やす」ということが、大好きのようです。冷えれば冷えるほど快適に暮らしているみたいですね。なので、ビワのエキスをふくませ遠赤外線の温熱を利用し、身体全体のツボを使いゆっくりじっくり温めていき、免疫力をあげていきます。その時も、もちろん 気血水の流れの異常がどこにあるか判断し、施術していきます。

遠赤外線を用いてビワのエキスをしみ込ませ身体全体を温めていくと、今度は身体の細胞が喜んで、元気になるんですよ。ビワキューはじわ~っと身体の奥深く、やわらかな温かい熱が入ってきます。まるで温泉に入っているかのように……そうです。この感覚が、とっても“気持ちいい”です。この“気持ちいい”が、最高に免疫力をあげるポイントだと思います。

手

プラスの気持ちが免疫力を上げる?

プラスの気持ちを持つこと、プラスの言葉を使うこと、笑顔でいること、これ全部、免疫力を上げることですよ。ビワキューを使い、総合的に施術を行うことが、大事と考えています。
たにい接骨院では、ビワキューを使い、東洋医学的の教えをもとに施術していきます。そして、心のあり方も学びあいたいと思っています。
どうか、一歩、踏みだして、一緒に、がんばってみませんか。大丈夫! 大丈夫!

びわ温熱療法

びわ温熱療法

施術料金2,500円~

ビワキューの歴史

ビワキューとは、遠い昔、お釈迦さまの時代から伝えられている療法です。インドの古い経典にもビワの薬効が説かれてあり、ビワの木を薬の王様という意味で「大薬王樹」と呼び、ビワの葉をどんな病気も癒し、憂いがなくなる扇のような葉で、「無憂扇」といいビワの種は天与の恵みとして「天神」と書かれています。

また経典は「大薬王樹、枝葉根茎ともに大薬あり、病者は香を嗅ぎ手に触れ、舌に嘗めて悉く諸苦を治す」すなわち、“大薬王樹であるビワの木には、枝や葉、根、茎すべてに大きな薬効があるので、病気の人は手で触れたり、香りを嗅いだり、下でなめることですべての病苦を治す”と説いています。

アミグダリンの作用とは

アミグダリンの作用とは

アミグダリンの作用とは

ビワはバラ科に属する植物で、ウメやモモ、アンズ、リンゴ、ナシなどと同じ仲間です。
成分は、種と葉に多く、ブドウ糖、ショ糖、果糖、マルトース、でんぷん、デキストリン、酒石酸、クエン酸、リンゴ酸、アミグダリン、タンニン酸、去痰作用のあるサポニンなどが含まれます。
この中でも特に有効なものが、アミグダリンであり、あと、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸などの有機酸です。
有機酸は、タンパク質を消化するために欠かせない成分です。アミグダリンは、天然の抗生物質とも言われ、様々な用途があります。

例えば、ガン患者さんのケアにも使うのですが、普通の栄養素のビタミンA,C,Eとか、亜鉛,マグネシウム,セレン などは免疫力を強くし、免疫がガン細胞を倒しにいくのですが、アミグダリンだけは、直接ガン細胞を倒しにいきます。そして、倒した後は正常細胞に有益な栄養素に変化していきます。

アミグダリンが体内に入るとガン細胞の中に含まれているベータ・グルコシタ-ゼという特殊酵素によって加水分解され、青酸とベンツアルデヒドが発生し、ガン細胞はこの2つの物質の相乗毒性により破壊されてしまいます。
一方、正常細胞にはロータネーゼという保護酵素があり、青酸とベンツアルデヒドを中和し、有益物質に変化するため人体に悪影響はありません。この有益物質は、安息香酸といい、「抗リウマチ」「殺菌」「鎮痛」的作用があり、中でも鎮痛作用は、モルヒネでも止められないガンの痛みや神経痛の痛みも和らげると言われています。

  • アミグダリンの作用とは
  • アミグダリンの作用とは

患者さまの声

がんを病院とびわ温灸療法を併用して治療されているSさん・・・全文はこちら

がんを病院とびわ温灸療法を併用して治療されているSさん

体力と健康には自身をもっていました。ある時から時々血尿がでるようになり、病院で検査をしたところ腎臓に腫瘍があり、がんと診断されました。医師からは抗がん剤治療を勧められましたが、再発しないといいきれないことを告げられ、妻とも相談しの結果抗がん剤治療は受けないことにしました。
その頃に免疫力を高めることなど様々な方法をインターネットや医療関係の書籍で読む中で、「びわ温熱療法」と出会いました。免疫力を高め、がんの再発や転移を防ぎたいという思いで、たにい接骨院に電話をしたところ、対応してくださったのが谷井先生でした。丁寧に話を聞いていただき、一度来てくださいという言葉にホッとしながら一回目の治療と説明を受けました。
それから約2年の間に、術後の経過観察をする中で胸腺がんが見つかり摘出手術、その直後に膀胱がんが見つかり切除手術を経験しました。その後も8ヶ月の間に4回の入院・手術を受けましたが、入院しているとき以外は、ほぼ1週間に1回のペースでたにい先生のところに通いました。
「びわ温熱療法」の全身の心地よさ、その日の熟睡感、何よりも翌日の朝の目覚めた時の体が軽くなっているような感覚、明らかに自分の体の状態がよくなっていることが感じられます。
膀胱がん切除手術から1年4カ月、体調も比較的安定した状態で、仕事も日常生活も普通にできています。
多重がんの摘出手術をけいけんしながらも谷井先生のもとに通い続けている中で、病気(がん)に対する自分の考え方も徐々に変化してます。無理をせず、ストレスをためないように心がけ、病気とうまく付き合い、共存しながら症状が今以上に悪化することがないように自分の体に気をつける、そのことが重要であるというふうに変化しています。その考えや、体のケアが大切である事を教えてくださった谷井先生に感謝しています。
仕事と日常生活を普通に送ることができるようにすることを目標に食事制限を守る努力を続けながら、「びわ温熱療法」に通いながら体調管理をしていきたいと考えているところです。

患者さまの声はこちら

〒574-0004 大阪府大東市南楠の里町14-28-102
(ピュアナチュラルはたにい接骨院2F)

お電話予約・お問い合わせ

  •  

  • 8:30-12:30

  • 16:30-20:00

※ 午後からの診療は予約診療のみ
※ 駐車場完備(3台) アロマ・YOSA・癒しの天然石・資格取得講座